ニュース・お知らせ

水銀使用製品産業廃棄物の取り扱いについて

2017/09/30

日ごろより当社をご利用いただきまして誠にありがとうございます。


廃棄物処理法施行令・施行規則等が改正され平成29年10月1日より施行されます。
これは、地球的規模の水銀汚染の防止を目指すものであり、「水銀及び水銀化合物の人為的な排出から人の健康及び環境を保護すること」を目的とした「水銀に関する 水俣条約」が平成25年10月に採択され、わが国でも平成28年2月に締結し、平成29年8月16日に発効されました。

これにより、当社をはじめ、排出事業者様にも関係する水銀廃棄物の適正処理について、 新たな対応が必要になります。
分かりやすくQ&A形式にしましたので、ご参考になればと思います。
(詳細につきましては下記環境省HPをご参考になさってください。)

出典:環境省ホームページ http://www.env.go.jp/recycle/waste/mercury-disposal/

 


排出事業者様が改正により気をつけていただくこと。


建設廃棄物や産業廃棄物などで専用カゴまたはアームロール車などでの廃棄があると思います。
その際に気をつけていただくことは、
・水銀使用製品産業廃棄物と他の廃棄物を保管、運搬の段階から混合する恐れのないように
 必要な措置を講じなければならない。

と言うことです。
混載にならないよう、十分お気をつけいただきますようお願い致します。


 

処理・収集運搬の委託について


Q、イーストコアでは水銀汚染物を処理または収集運搬できるのか。
A、イーストコアでは今回の施行に伴いまして以下の処理、収集運搬ができます。
  処  理:水銀汚染物の中でも”水銀使用製品産業廃棄物の蛍光ランプ(蛍光灯)”については
       ・直管型全長1200mm以下
       ・環管型直径380mm以下
       に限りまして、水銀を大気中に飛散、他の廃棄物と混合させずに専用破砕機を用いて
       中間処理ができ、再生委託業者にリサイクルしていただきます。(詳しくはご相談ください)
  収集運搬:収集運搬につきましては、水銀使用製品産業廃棄物、水銀を含む特別管理産業廃棄物(宮城県)
       につきましては当中間処理場または他社中間処理場、管理型最終処分場までの運搬が可能となります。
       (詳しくはご相談ください)

Q、許可証には水銀使用製品産業廃棄物を処分、収集運搬できることが記載していないようだが。
A、確認方法については環境省HPにも説明されているところですが、平成29年10月1日時点で、これらの廃棄物
  を取り扱っている場合、許可変更は不要となっておりますが、現在当社では処分または収集運搬ができることを
  明確化するため、許可証の変更手続きを行なっております。
 

マニフェスト・委託契約書について


Q、水銀使用製品産業廃棄物を排出する場合、マニフェストに記載する場合はどうするか。
A、記入例として、マニフェストの空白の欄に”水銀使用製品産業廃棄物”と手書きまたは印字するなど、
  明示が必要となりますのでお気をつけ願います。

Q、現在契約済みの委託契約書に水銀使用製品産業廃棄物と記載しなくてはいけないか。
A、平成29年10月1日時点で委託契約済みの契約書については、新たに契約変更する必要はございません。
  施行後についての委託契約書には水銀使用産業廃棄物を委託する旨の記載事項の追加が必要となります。
 

分類について


Q、割れた蛍光管や、運搬途中に割れてしまった場合はどうするか。
A、割れた場合であっても水銀使用製品産業廃棄物になりますので、適切に処理することが必要となります。

Q、微量の水銀含有でも水銀使用製品産業廃棄物に該当するのか。
A、蛍光ランプであれば、封入されている水銀の量にかかわらず水銀使用製品産業廃棄物の対象です。
  (LEDなどは水銀を使用しておりません)



ご不明な点等ございましたら、担当営業または下記までお問合せ願います。

空港リサイクルセンター
環境事業部 TEL 0223-23-1158  FAX 0223-23-1159