事業紹介 環境事業部

適正処理と循環型社会をカタチにする・・・

事業概要

私たちが考える産業廃棄物処理は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」(通称:廃棄物処理法)に基づき、適正に、かつ最大限のリサイクル推進をすることで、循環型社会に貢献していくことであると考えます。






常に”適正な廃棄物処理とリサイクル”に気を配り、一般的には処理困難な多種多様な廃棄物を処理委託して頂く前に”排出削減”や”再利用・再資源化”等をお客様の立場となってご提案させて頂き、無駄な処理を最小限にするために十分にお客様とお話しさせて頂いております。
また、東北最大級の処理能力を誇る破砕施設を保有し、万全の体制でお客様のニーズにお応えいたします。
解体・工事、収集運搬から中間処理まで、ワンストップサービスと確実なトレーサビリティをお約束いたします。


空港リサイクルセンター
TEL 0223-23-1158   FAX 0223-23-1159
受入時間 8:00~17:00  左記時間外も事前に協議があれば受付可能
休業日   日曜、祝祭日、夏季休業、年末年始
 

環境方針・情報公開


空港リサイクルセンター 環境方針

さんぱいくん(情報開示システム) ※リンク先へ移動
 

 

中間処理の流れ

中間処理施設概要(空港リサイクルセンター)

35_ext_06_0.jpg

イーストコアでは、最大限のリサイクルを推進していくために日々取り組んでおります。
各種中間処理施設では、再生可能な廃棄物を適正処理し、サーマルリサイクル、マテリアルリサイクルとして各方面に納入しております。少しでも多くの廃棄物を再資源化物として有効利用するために更なるリサイクルを考えながら循環型社会に貢献しております。


 

施設一覧
施設名 廃棄物の種類 設置年月日 処理能力
チップ製造施設1
(破砕施設)
木くず 平成26年6月1日 1143.12t/24時間
チップ製造施設2
(破砕施設)
木くず 平成26年6月1日 803.88t/24時間
再生砕石製造施設1
(破砕施設)
がれき類 平成26年6月1日 2083.2t/16時間
再生砕石製造施設2
(破砕施設)
がれき類 平成26年7月1日 517t/11時間
廃石膏ボード粉砕施設
(破砕施設)
ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず 平成26年3月3日 13.44t/24時間
RPF製造施設
(圧縮固化施設)
廃プラスチック類 平成26年3月11日 72.96t/24時間
木くず 73.2t/24時間
紙くず 73.68t/24時間
繊維くず 36.48t/24時間
破砕減容施設
(破砕施設)
廃プラスチック類 平成26年6月1日 751.92t/24時間
木くず 644.4t/24時間
紙くず 1181.52t/24時間
繊維くず 1289.04t/24時間
金属くず 2427.6t/24時間
ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず 2148.24t/24時間
がれき類 3179.28t/24時間
蛍光管破砕施設
水銀使用製品産業廃棄物
(破砕施設)
廃プラスチック類 平成29年6月19日 0.28t/8時間
金属くず 0.8t/8時間
ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず 2.8t/8時間
移動式破砕施設
(破砕施設)
廃プラスチック類 平成26年3月3日 250.64t/8時間
木くず 393.84t/8時間
がれき類 1059.76t/8時間
移動式破砕施設
(破砕施設)
がれき類 平成26年3月25日 1041.6t/8時間
移動式破砕施設
(破砕施設)
木くず 平成27年5月18日 76t/8時間

 

取扱い許可品目

イーストコアでは現在7品目の産業廃棄物を取扱できます。
お客様が排出される産業廃棄物の形状や状態によってはお受入できない場合もございますが、
適正な処理方法をご提案させていただきます。 お気軽にご相談ください。




搬入受入の際の注意事項